債務整理相談

債務整理相談は解決が素早い弁護士を探すところから始める

自己破産の目的と借金と債務整理

自己破産による債務整理では、債務者自身が裁判所に申し立てを行います。この裁判所への破産申立により、破産の法的な手続きが開始されます。

 

 

自己破産による債務整理が認められている理由は、まず第一に債権者からの借金の請求から逃れて、自分自身の力で生活を再建させるためにあります。債務者の経済的な状況から考えたときに、これ以上借金の返済を求められてもできそうにないというシチュエーションを想定して作られている法的な精度です。

 

また、自己破産には、債務者の財産をこれ以上減少させないようにするという目的もあります。債務者の財産がこれ以上減ってしまうと、お金を貸している債権者が借金を回収するための原資も少なくなるからです。

 

このように自己破産は、債権者にとっても、債務者にとっても有益な制度です。この制度は、近年申請する人の数が増えています。消費者金融などからの借金が膨らんで、破綻した生活を送っている位なら、一度自己破産したほうが長期的には有益であると考える人が多ことが伺われます。

 

破産による免責は、債務者の権利であるため、借金が増えすぎてどうしようもないときには、積極的に活用して行ったほうが、長い目で見たときにはプラスです。ヤミ金融解決

 

そもそも債務整理とは何か

債務整理とは借金について整理をすることです。返済する意思はあるが、生活や収入面で契約通りに行うことは難しいという場合や、方々から借りて収拾がつかなくなっているというときにそれらを少しでも弁済できる形に整えたうえで再建していけるように組み立てる作業になります。

 

具体的な方法としては借金そのものの棒引きをしたり、金利について減らして計算する、返済期限を延長することや低金利で借り換えるといったものを組み合わせて行っていきます。債務者はそれで返済しやすくなるので非常に効果的な手法ですが、債権者にとっても大きなメリットがあるということがポイントです。

 

債務整理によって債権者が得られる利得が減ることになる場合もありますが、完全に返済不能になった際には債務者の最終手段として自己破産の手続きが存在し、それを実行されると一円も戻らなくなります。

 

ゼロよりはある程度の投資分を回収できるようにしたほうが損を減らすことができますし、期限によって結果として回収できるのであればその方がお得なのは言うまでもないことです。

 

一般的に借金などの契約はその内容通りに実行されるべきですが、のっぴきならない事情でうまくいかない際には債務整理などの手段もあると覚えておくと有効です。
債務整理の相談や解決は弁護士へ